電子コミックのメリット・デメリットについて詳しくまとめてみた!

みなさんは現在どんな方法でコミックを読んでますでしょうか?おそらく現在では「電子コミック」を利用している方が多くなっているでしょう。

最近はスマートフォンを使う方が多く、紙の漫画よりもスマホで漫画を読んでいるという方も多くなっていると思います。

しかしこのように便利な電子コミックにもデメリットは必ず存在します。そこでメリット・デメリットについてまとめてみましたのでご覧ください。

電子コミックのメリットとは

恥ずかしい漫画も買える!

漫画と言うのは子供のときには平気で購入できますが、大人になると少々周りの目が気になります。またちょっと恥ずかしいような漫画を買いたい場合って躊躇しますよね。

家の近くで購入しようものなら知り合いに出会わないかどうかと気になったり、小説と一緒に混ぜて購入したり、店員さんのチクチクした視線を感じながら人の目を気にしつつ購入している方もいるのではないでしょうか。

ですが電子コミックを利用したら、そういった人の目を気にせずに漫画を入手することができます。実際にお店で購入するときよりもずっと気持ち的な負担がありません。

また購入するのが恥ずかしい漫画といえば「オトナ漫画」などありますが、PCサイトよりもスマホ系の電子コミックのサイトの方がたくさん配信しているようなイメージがあります。

中でもまんがこっちというサイトは結構多く、サイトの使い勝手などもいい感じですのでお勧めです。

置く場所を気にせずに済む

メリットというとやはり一番先に思い浮かぶのが「漫画の保管をする場所」の必要ないという点が挙げられます。特に大量の漫画や週刊誌を買う生活をしている方におすすめ。

電子書籍がない時代ですと「常に家の中は雑誌だらけ」という状態になっている方も多かったでしょう。それが電子コミックを使うだけでこのようなスペースなど必要なくなるのです。

無料漫画がたくさんある

電子コミックは無料で何巻か読めるものがあります。いわゆる立ち読み機能、というヤツですね。続きは有料で読むことができますよ、というシステムです。

この無料本についてはその漫画の内容が大体わかるので、自分の好きなものであれば続きを楽しむことができるでしょう。実際に紙のコミックを買ってしまってからだと、おもしろくなくても料金を払わなくてはなりません。

しかし無料で読める漫画ですと無料なので損をしないのです。いろんな漫画を読みたい方は電子コミックをおすすめします。

漫画を探す場合も楽チン

実店舗ですと漫画や書籍を探す場合はそれぞれの棚に行ったりすると思います。しかしどの棚に目的の書籍が置いているかなど分からないですよね?

また店員さんがしっかりと対応してくれるお店ならいいですが、店員がほとんどいない、対応が悪いお店などですと声をかけたくてもかけづらいと思います。

その反面電子コミックのサービスですと、主に検索を使って漫画を探すので楽に行うことができます。わざわざ書籍の場所まで歩いて移動、という手間もカットできます。

場所関係なしに読むことができる

読みたい!と思ったときにすぐに読むことができるのが電子コミックの特徴。例えば外出先でも読めますし、自宅でも読むことができます。

電波が届かない場所でも「書籍データーをダウンロード」しておけばオフライン環境でも電子コミックが楽しめます。このように何の問題もなく読むことができるのです。

また暗い場所においても電子コミックは活躍します。例えば夜など暗くなってくると、紙書籍だと読むことができなくなります。しかしスマホなどだと暗くても携帯自体から光を発しますので、周りが暗くても読むことができます。

夜寝る前にコミックが読みたくなったときも同じです。真っ暗にして布団に入って読むことができます。暗い場所に対応できるのが電子コミックの魅力なのです。

本を汚さずに済む
漫画を汚さないというのもメリット。例えば食事しながら漫画を読んでいると醤油をとばしてしまったり、ソースをこぼしてしまったり…何てことありませんか?

紙の書籍の場合だと大惨事になっていたのですけれど、電子コミックはそういったことはありません。汚して困ってしまうという悩みはゼロになったので、電子コミックさまさまといった感じでしょう。

劣化がない

紙書籍では年月と共に紙の劣化がありますが、スマホコミックならこのような劣化なども全く心配いりません。いつでも綺麗な感じで漫画を読むことが出来るのです。

お気に入りの漫画を劣化させないように慎重に扱っている、という方にも電子コミックはお勧めです。

24時間気軽に購入可能

漫画が読みたい!と思った時がもし深夜の時間帯だったとしましょう。書店は開いているお店って少ないですよね。コンビニなどでも漫画は売っていますが、ラインナップが物足りないと感じている人もいるでしょう。

電子コミックを扱っているサイトでしたら24時間いつでも購入できるので、例え早朝だろうが深夜だろうがいつでも簡単に購入することができるのが凄い部分でもあります。

キャンペーン・クーポン配布などもある(割引セール等)

電子コミックの値段が高い!と思った方もいるでしょう。そんな場合は「キャンペーン」を活用する方法が一番です。キャンペーンの内容はもちろんストアで違います。

例えば書籍の割引キャンペーン。20%引きや30%引きなどのキャンペーンを行っている場合もあります。またクーポンですが、メルマガなどランダムで配布される場合があり、この場合もポイント還元など安く書籍を購入することが出来たりもします。

キャンペーンやクーポンをうまく活用していけば節約ができます。安く購入できればそれだけお金が浮きますし、ポイント還元率が高ければ次回の買い物時にポイントをたっぷり使えます。

またキャンペーンには期限があります。期限が過ぎれば条件を満たしている買い物でも対象外となってしまいますから、日時を間違えないよう注意しましょう。

持ち運びが気にならない
電子コミックは持ち運びが楽だと言われています。紙書籍は1冊だとそれほど感じないかもしれませんが、5冊や10冊まで増えればかなり重たくなります。

漫画を大人買いした時、重たくて持ち帰るのが大変だった…そんな経験をした人は結構いるのではないでしょうか。それに対し電子コミックは端末に保存、もしくはクラウド上に保存という形が多いので持ち運びを気にする必要がありません。

スマホやタブレットを使って電子コミックを読んでいるのであれば、気にするべきなのはスマートフォンやタブレットの重量だけです。

電子コミックのデメリットについて

サービス終了で漫画が読めなくなる
これが一番のデメリットでしょう。現在使っている、またはこれから使おうとしている電子コミックのサービスが終了したとします。

では購入した漫画はどうなる?という話ですが、このような場合、残念ですが購入した漫画はすべてパアになってしまうのです。ですので電子コミック好きの方の中には色々なサービスを分けて利用している方も多いようです。

目が疲れる

スマホやタブレットなどを長時間見続けますので、目の疲れが来る場合もあります。紙書籍も同じことが言えますが、スマホなどの方が目が疲れやすい、という方もいます。

漫画を売ることはできない

せっかく購入した電子コミックですが、紙書籍とは違い漫画を売ることはできないのです。読む権利を得ることが出来るだけ、という形になっていますので、データの譲渡などもできません。

画面サイズで読書が苦労しそう

スマホなど画面サイズが小さな場合は見づらさを感じるケースもあります。できれば大きな画面サイズのスマホもしくはタブレットでの閲覧がいいでしょう。

電子コミックのメリット・デメリットのまとめ

このようにメリットやデメリットをいろいろとまとめてみましたが、メリットの方が多いです。ただやはり「電子コミックは苦手」という方もたくさんいます。

ただ紙書籍・電子書籍と両方を上手に活用している方もいます。好きな漫画をすぐに読みたい場合は「紙書籍」で読む、昔の漫画を読みたい場合は「電子書籍」と分けるのもいいですね。

基本「電子化」には時間がかかってしまう傾向となっていますので、この辺りについてはご自身でいろいろと考えてみるといいでしょう。

漫画の種類は豊富にあるので、いろんな種類に挑戦することができ、大人になってからコミックを読む機会が減っている方にも手軽に利用できる電子コミックはおすすめです。

昔懐かしいものも読んだりして、当時を思い出すのもたのしいです。

コミなび(めちゃコミ)はお問い合わせもスムーズにできる

キーボードの画像

ドコモ・AU・ソフトバンク対応のスマホコミック系サービスでもあるコミなび(めちゃコミ)でわからないことがったり、トラブルが起きたりして解決できない時は「お問い合わせ」を使ってみるのが一番だと思います。
公式サイトにアクセスしたらページを下の方までスクロールさせてみて下さい。「お問い合わせ」というボタンがあることに気付くと思います。
そこで「お問い合わせ」ボタンをタップしましょう。するとお問い合わせの方法について記載されたページへジャンプします。コミなび(めちゃコミ)ではメールで連絡を受け付けており、メールでのやりとりが基本になります。

コミなびではログインしてからお問い合わせをする

注意事項として、お問い合わせはログインしていなければできません。面倒と感じるかもしれませんが、まずはログインしてからお問い合わせページにアクセスしましょう。
ログインした状態ですと、お問い合わせページにユーザーIDが表示されます。これはユーザー1人1人に用意されるIDで、同じものは2つとありません。
ユーザーIDが表示されている=ログインできているという証拠ですので、次にお問い合わせ用のメールアドレスを確認します。
「▼お問い合わせ▼」という文字の下にあるアドレスがそうです。まずはこのアドレスに“空メール”を送信します。
空メールとは件名や本文をいっさい記入していないメールのことです。するとお問い合わせ専用のURLが記載されたメールが届きますので、そのURLにアクセスしてから内容を入力して送信しましょう。
なお、文章に顔文字や絵文字を使うのはできるだけ控えて下さい。顔文字や絵文字は文字化けの原因となり正常に送信できなくなる可能性があります。
せっかく入力した内容が無駄になってしまっては手間がかかりますよね。スムーズにお問い合わせを完了させるためにも入力内容には気をつけましょう。

実際お問い合わせしたが良い対応だった

ちなみに実際分からないことがあったので(退会のことなど)お問い合わせしてみたのですが、1日後に返事がありました。
とても分かりやすく丁寧な文章でしたので安心できました。もし不明なことがあれば、お問い合わせしてみるのがお勧めです。
またちょっとしたサービスの内容については、コミなび(めちゃコミ)のサイトで調べてみるのもいいと思います。

学研のブックビヨンドというサイトについて

学研ブックビヨンド

教育事業を主としている学研グループの電子書籍ストア。学研ブックビヨンドはさすが学研グループが運営しているだけあり、教育や学びに力が注がれています。

カテゴリを見てみても「ビジネス」「歴史」「学び」「実用」と、娯楽を目的とした書籍の販売は行われていません。

話題の一冊、新着雑誌配信開始、自分を活かす1冊、オススメ本…いずれのコーナーを見ても娯楽本は見当たらず、徹底していることがわかりますね。

ですが、電子書籍と言われると娯楽のイメージが強いのも事実です。それを裏付けるように数多くの電子書籍ストアは、コミックをメインにしているところがほとんどですよね。

「電子書籍の参考書があれば勉強が捗るのに」「いつでもどこでもビジネス書を読みたいから電子書籍があれば助かるのに」そんなふうに考えている人たちに、学研ブックビヨンドは最適です。

世情に合わせた特集なども必見

学研ブックビヨンドでは世情に合わせた特集を組むこともあります。2015年10月には「安保法案とは」というコーナーが設立されていました。

テレビやニュースを賑わせた安保法案。しかしすべてを理解していなかった、理解できていなかった人も多いでしょう。

そういう人たちのために作られたコーナーで、安保法案を解説する本や、それに関連する書籍をまとめて紹介していました。

学研ブックビヨンドには子供向けの教育書もあります。特に「学研のまんがでよくわかる!」は子供が喜ぶ教育書と言えます。

漫画形式で勉強できるため、教科書を読むより内容が頭に入りやすいのです。

美容と健康に関する本、片付けの本、DIYの本。生活を助ける本もたくさんありますので、主婦や女性にも学研ブックビヨンドはオススメです。

コミックが読めるやまだ書店というサイト

やまだ書店PCサイト画像

ヤマダ電機のコミック系ストアがあります。その名も「やまだ書店」という名のサイト。古風なストア名で覚えやすく、またヤマダ電機が運営しているため安心して利用できます。

やまだ書店は作品数が豊富にあり、コミックと小説と雑誌を合わせれば30万冊以上。これだけたくさん本があるとどれを読もうか悩んでしまいます。

各種サービスとも連動しているやまだ書店

またやまだ書店ならではのサービスも充実しています。それはヤマダポイントやヤマダブックスとの連動です。

ヤマダポイントとは有名ですのでご存知の通りだと思いますが、ヤマダ電機独自のポイントシステムで獲得したポイントは1ポイント=1円として買い物の時に使えるため、買い物をすればするほど次回の注文がお得になるメリットがあります。

このヤマダポイントがやまだ書店で使えるとなると、かなり便利になりますね。店舗でのスロットなどでもポイントを獲得できたり、ヤマダポイントについては比較的獲得しやすいかもしれません。

またヤマダブックスとは、ヤマダ電機が運営するオンラインショップです。ヤマダモールという総合オンラインショップがあるのですが、その中に本やCDやDVDなどを専門に扱っているコーナーが設置されています。

そこがヤマダブックスとなっているのですが電子書籍サービスとの連動でより一層使いやすくなった感じです。

ヤマダ電機のサービスを積極的に利用している人にとって、やまだ書店は非常に便利で効率の良いストアと言えるでしょう。

PCからは利用できないので注意しておこう

ただしやまだ書店が対応しているのはスマーフォンとタブレットのみで、パソコンからは閲覧できないようになっています。

やまだ書店を利用する際はスマートフォンかタブレットからアクセスして下さい。